頭髪の抜け毛と男の人のホルモンの関係について向き合った

男性特有のホルモンの内分泌が活発な男性というのは20代・30代のときから薄毛になることが多いらしいというのですが、歳をとる毎に生え際の血の巡りの不良や代謝機能の縮小と言ったその他のマイナスの要因も足されるから、なんと薄毛が進んでしまうと聞きました・・・。

医療従事の現場で出してもらえる抗アンドロゲン薬という名前の薬品はジヒドロテストステロンの動きを制止する有能な作用を含んでいるのだそうで、男性ホルモンによる抜け毛を軽減する治療に利用されているみたいなのですけど、現時点では私にとってはそこまで本格的なケアまでする必要はないのだろうと自己診断をしていたわけです。

男の人のホルモンの対策の他に食事の内容を見直すこと、頭皮マッサージという日常生活の中でできるケアも出来るだけ導入することで薄毛ケアに励んだのでした。継続して適切にケアしてくことが大事と本気で思ます。