育毛と男性独特のホルモンのつながりとは

男性ならではのホルモンの内分泌が多量な人物では20代の時から毛髪が細くなってしまいやすくなるみたいです。

だが、年齢が上がるにつれと頭部の肌の血行不良や代謝機能の縮小などの他の原因も追加されるから、どうも毛髪が薄くなりやすくなってしまうと聞いたのです。

医療現場で出してもらえる抗アンドロゲン薬という名前の医薬品が強い男性ホルモンの働きを防いでくれるための働きを促すのだそうで、男性型脱毛症の治療に用いているみたいなのですが、現段階で私自身にそういった対応は不要ではないだろうかと勝手に思っていました。

男の人のホルモンケアをやっていって1、2ヶ月くらいがして、嬉しいことに抜けていった毛が徐々に減退たのです。

さらに1ヶ月後には頭頂部の厚さがずいぶん増量はじめたため、目からではわからないけれど、男性独特のホルモンに何か影響を及ぼした可能性があると実感してたのです。