薄毛改善と男性特有のホルモンの関係性について本気で調べてみました。

度々「性への欲望が多い男性は毛髪が細くなりやすいそう」との噂を小耳に挟みます。真実なのかどうか正直半信半疑ですが、根拠はあって性的な欲が多い男性というのは男性のホルモンの分泌が積極的、付け加えるとその男性だけにあるホルモン自体には育毛を邪魔だてしてしまうのだそうです。

男性だけが持つホルモンの中には、テストステロンという物質があって、主には男の人の骨格を発達させるを形成しているらしいのです。

そのテストステロンへある酵素が混ざることで、強い男性ホルモンへと変換されて、それが髪の薄さを悪化しているようです。

男性だけが持つホルモンケアをやってすでに1ヵ月半経過した辺りには、なんと抜けていった毛が少なくなりました。

そしてさらに1ヶ月もしてく頃になると後頭部の膨らみが明確に増えたこともあって、目からだと見えないけれど、男の人特有のホルモンへ何らかの効果を与えたにちがいないと体感してるのです。