薄毛治療薬の選び方ナビ

薄毛治療薬の選び方ナビ

薄毛治療といっても様々な薬が販売されています。薬局などで購入できる市販薬や病院で処方される薬、国外の治療薬、サプリメントなど、また頭皮に塗るタイプや服用する錠剤タイプなどもあり、薄毛に悩む方がどのように薬を選んでいるのか調査しました。

薄毛治療の薬の選び方

薄毛は薬で解消できる時代です。
今まではかつらや帽子で隠したり、育毛剤などでケアする方法しかありませんでした。
これらの方法は対処法であり、確実に薄毛を改善する事はできません。
ですが、薬でならコンプレックスの薄毛も、解消できるのです。
現在、薄毛治療として処方されている内服薬は、「プロペシア」と「ミノキシジル」という2種類がポピュラーとなっています。

同じ薄毛治療薬という事で、どちらを飲んでも効果は一緒と思う方も多いでしょう。
薄毛を解消する効果のある内服薬ではありますが、実はこの2つの内服薬は作用に大きな違いがあります。

まず、プロペシアは男性型脱毛症、いわゆるAGAの改善に特化した内服薬です。
男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが、5αリアクターゼという酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンへと、変化する事で薄毛となってしまいます。
ジヒドロテストステロンは、髪を作る司令塔「毛乳頭」の働きを、阻害してしまうのです。
毛乳頭の働きが弱まると、髪が抜けやすくなる・髪が生えにくい・生えても産毛のような細い髪といった症状が現れます。
プロペシアは5αリアクターゼの作用を抑制し、ジヒドロテストステロンの生成自体を抑える内服薬です。
ジヒドロテストステロンさえ作られなくなれば、薄毛をストップする事ができます。

一方のミノキシジルは、頭皮の血行を改善する薄毛治療薬です。
頭皮の血流が悪いと毛根に栄養や酸素が行き渡らず、健康な髪を育てる事ができません。
ミノキシジルは男性型脱毛症の場合、プロペシアのサポートをする目的で処方されます。
また、女性の薄毛治療の場合はミノキシジル単体で、処方されるケースがほとんどです。

薄毛治療薬の価格と効果

薄毛治療を行っていく際に薬を利用する場合には、基本的には病院での処方となります。男女ともに悩む人は増え続けていますので、市販の育毛剤などを利用しても思ったような効果が得られないのであれば、薄毛治療に病院を訪れる事も視野に入れましょう。

そして薄毛治療の際には初診を行い医師の問診を受けて頭皮や髪の状態を確認していきます。その後に治療のための外用薬または内服薬の処方となります。薄毛の治療に関しては保険適用外になりますので、一般的な病院での保険適用が出来る治療とは異なって費用は高くなってきます。薬の価格自体は一ヶ月で安ければ8000円ほど、高い場合には1~2万円ぐらいすると考えておきましょう。

一般の皮膚科と専門のクリニックがあるのでどちらで診療をしてもらえばいいのか悩むこともあります。無料のカウンセリングが出来るクリニックも多いので、まずは薄毛が気になるのであればそうした場所を探して話を聞いてもらうのもよいでしょう。病院によって価格設定なども変わってくるので、薄毛治療を本格的に行う場合には幾つかの医療機関を訪れて相談をすることでより安心して治療をしていけます。

効果に関しては、大体軽度の薄毛であれば3~6ヶ月ほどで改善が見られるようになってきます。それに、男性と女性とでは薄毛になる原因も違う事が多いので、あくまで早ければそれぐらいで少しずつ改善が見られるという風に考えておきましょう。医師からは薬の処方だけではなくて、生活習慣などのアドバイスをもらうことも多いです。薬さえ飲んだり塗ったりしていれば薄毛は治るという訳ではありませんから、きちんと日々の食生活や生活手段なども見直していきましょう。

薄毛治療薬を個人輸入する

薄毛が気になっている人は近年どんどん増え続けています。病院での治療もしやすくなってきていますが、それでもやはりデリケートな話題なので、自分で何とかしたいと思っている人も多いです。

薄毛治療が出来る治療薬などは基本的に薬局やドラッグストアで購入する育毛剤などが中心になります。本格的に治療を行う場合には、医療機関で診てもらってから処方をしてもらわないといけません。その為、最近は個人輸入をしてみようかと検討している人も見かけるようになりました。

自分自身で個人輸入をするのはかなり敷居が高いですが、代行をしてくれているショップも多くあります。そこではいろんな薄毛治療が出来る薬の販売があります。男性用や女性用などに分かれていますので、じっくりと自分の頭皮や髪の毛の状態を確認しながら探していきましょう。飲み薬や塗布する育毛剤のようなタイプなどもありますので、日々のライフスタイルも考えながら使いやすい物を探していきましょう。有効成分の配合があるかどうかなどもきちんとチェックをしておくようにしましょう。

基本的に薄毛治療をしていく際にはかなりの期間を要します。短くても3~6ヶ月ほどは続けていく必要がありますが、市販されている治療薬は基本的に一箱一か月分という事が多いので、一つの治療薬を試してみようと思ったらまとめ買いをしておいてもいいかもしれません。まとめて購入するとその分だけ安くなることもあります。

髪の毛のボリュームが減ると、それだけでもストレスになってしまいます。改善するためには気がついた時に何らかの対処を行わないと、進行してしまうばかりです。個人輸入も上手く活用して薄毛の改善をしていきましょう。